口コミで話題!吉祥寺で評判の全身脱毛サロンはココ!

脱毛は痛いって本当?痛い箇所と痛みの軽減対策方法

    

脱毛は痛いって本当?痛い箇所と痛みの軽減対策方法

きちんとムダ毛処理ができていますか?
今は女性だけではなく男性も脱毛へ通う時代となり、男性専用の脱毛サロンやクリニックがあるほどです。

〇男性が脱毛へ行く理由として
毎朝の髭剃りがめんどうくさい、肌が弱くてカミソリ負けをしてしまって赤くなってしまう
女性から見て男性の足や腕、髭はあまり良い印象を抱かない
という人もいるので、男性もボディケアには力を入れている人が増えてきます。

〇女性の場合
おしゃれな水着や下着を着たい
ショートパンツを綺麗に履きたい
ムダ毛の処理が面倒で自己処理をやめたい 
という人が脱毛サロンへ通っています。

初めて脱毛をする人、またはこれから通う予定の人にとって脱毛とはどんなイメージを持たれているのでしょうか?
痛みを感じやすい、肌合が荒れる、無理やり引っ張って抜くなどいろいろなイメージを持たれているひとも多いでしょう。

 

本当に痛いの?ケア次第で痛みが変わる?

脱毛には光脱毛とレーザー脱毛があります。

〇光脱毛は
主にエステサロンで主流となっている方法

〇レーザー脱毛は
クリニックでの扱いになっています。

〇違い
この2つはやり方が同じですが、光の出力は違います。
・光脱毛のほうは、出力が弱くお子様でも安心して施術できます。
出力が弱い分永久脱毛ではありますが、通う年数が増えていくと自己処理が必要なくなります。

・一方レーザー脱毛は出力が強く、毛乳頭とその周辺の組織を焼いて壊します。
肌の深いところもまで光が当たるので、痛みを感じます。
VIOに関してはクリーム麻酔をするほどです。

〇しっかり保湿
光脱毛とレーザー脱毛、どちらが人気かというと光脱毛です。
お子様ができるほど安心だからです。
痛みが少ないこの光脱毛ですが、きちんとケアをしないとこの光脱毛でさえも痛みを感じることがあります。

・まずは保湿です。
肌がしっかりと潤っている状態は、肌のバリア機能がしっかりとしています。
光を当てても痛みを感じず、肌にしっかりと水分があるほうがムダ毛は抜けやすいです。
一方で肌に水分が不足していると、ムダ毛は抜けにくくなります。
光を当てた時に輪ゴムを弾いたような痛みがきますが、さほど強い痛みという訳ではありません。
ただ、水分が不足した肌はムダ毛が抜けにくいです。
全体で成長期となっているムダ毛はわずか10パーセントです。
少しでも確立を高めるには普段から保湿ケアをするかしないかによります。

・生理期間中や花粉症など症状によって薬を服用している人がいます。
薬の成分の中には光に対して過敏に反応してしまうものがあり、その薬を飲んだ状態で光をあてると火傷します。
薬を飲んだ際は必ず施術を担当してる人に申告するようにし、服用したまま光を当てないようにしましょう。

 

お手入れ次第で痛みも変わる

日ごろのお手入れ次第で、痛みを感じにくい、もしくは、感じやすくなる事があります。
基本的にはレーザー脱毛のように光が強いわけではないので、痛みを感じずに脱毛できます。
ただし、毎日きちんとスキンケアができていなくて、薬を飲んでいると痛みを感じることがあります。
脱毛の当日だけ急いでケアをすればいいと思っている人もいますが、それではお肌の表面はケアできても、内部の水分は不足しています。
そうすると、痛みを感じやすく脱毛効果も5%にまで落ち込んでしまいます。
ということは、95%は脱毛をしても効果がないということになります。
これではせっかく高いお金を出して脱毛に来ているのに意味がありません。
スキンケアは十分にしておくといいでしょう。

これからどんどん夏に向けて外気温も暑くなります。
痛みの少ない光脱毛で、夏に向けて本格的にお手入れを始めましょう。