口コミで話題!吉祥寺で評判の全身脱毛サロンはココ!

ほくろ部分も脱毛できるの?ほくろと脱毛の関係

    

ほくろ部分の脱毛できるのか

吉祥寺エリアには多くの脱毛サロンやクリニックがあります。
薄着の季節になると気になるムダ毛の悩みを解消するために、そんなサロンやクリニックを訪ねてみる女性は少なくないでしょう。
そんな女性たちの間で、ほくろがあったら脱毛できないという噂が、聞こえてくることもあるようです。
しかし、その噂は基本的には間違いです。
ほくろがあるからといって脱毛できないということは、ほとんどありません。

 

 

さまざまな種類の脱毛とほくろの関係

多くの脱毛サロンで採用されている脱毛方法に、光脱毛があります。
ムダ毛の毛根部分にあるメラニン色素に反応する光を照射して、脱毛する方法です。
このため、メラニン色素の一種であるほくろにも反応してしまう場合があります。
ほくろには、シールを貼って保護した上で脱毛することができます。
ただ、ほくろ部分の脱毛は、火傷のおそれがあるために、することができません。
また、ほくろが脱毛によって消えることもありません。
ニードル脱毛は、ムダ毛の毛穴部分に直接針を刺して、毛根に電流を流して脱毛する方法です。
このため、ほくろがあっても関係なく脱毛することができます。
しかし、大きすぎるほくろや、そのほくろ部分の脱毛はできません。
脱毛できないとする大きさの程度はサロンによって違うので、大きなほくろがある場合は、サロン側に問い合わせてみましょう。
主に脱毛クリニックで採用されているのがレーザー脱毛です。
これは、光脱毛と同じようにメラニン色素に反応するレーザー光を照射して脱毛を行うものです。
光脱毛の場合よりも強いレーザーを照射することになるので、医師による施術が定められています
そして、このレーザー脱毛に使われる「アレキサンドライトレーザー」は、もともとはシミやそばかすを治療するために開発されたものでした。
このため、人によっては、ほくろが薄くなったり消えたりすることもあるようです。

ただ、シミやそばかすを治療するために使う場合とは、出力や照射する時間が違うので、脱毛で必ず、ほくろがきれいになくなるということはありません。

ほくろが気になるのなら、クリニックに行ってみるのもいいかも!

脱毛クリニックでは、先にほくろの治療をしてから、レーザー脱毛することを勧められる場合があります。
ムダ毛ともに、ほくろも気になるという人は、クリニックでのレーザー脱毛がおススメかもしれません。

サロンやクリニックで行う脱毛は、メラニン色素に反応する光やレーザーを皮膚に照射して行うものです。
このため、肌はなんらかのダメージを受け、熱を帯びます。
熱を帯びた肌からは、水分が蒸発してしまい、乾燥肌となりやすくなります

乾燥肌は皮膚本来のバリア機能が低下していて、ダメージを受けやすくなってしまいます。

脱毛した肌は、ダメージを受けやすくなっているため、紫外線の影響も受けやすい状態にあります。
そうなると、メラニン色素の沈着を促し、シミやそばかす、ほくろができやすいことになります。

脱毛したらほくろが増えた、と感じる人は、脱毛後の保湿が不足していて、さらに紫外線を浴びてその影響を受けてしまったからなのかもしれません。

ほくろがあっても、多くの場合は脱毛することができます。
しかし、脱毛方法やほくろへの対処は、サロンやクリニックによって違うようです。
ムダ毛と同じようにほくろも気になるというのなら、サロンやクリニックに問い合わせ、専門知識を豊富に持っているスタッフに相談して、対処してもらうことをおススメします。

 

 

ランキングはこちら