口コミで話題!吉祥寺で評判の全身脱毛サロンはココ!

脱毛前後の飲酒はNG?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27
    

脱毛サロンに通うときには、特に何も気にしなくても大丈夫だと思っている人は少なくありませんが、本当でしょうか。出かける前後にしてよいこと、してはいけないことを理解してから出かけることによって、無駄毛の処理を適切におこなえるようになるでしょう。

してはいけないこととはどんなことか

脱毛前後にしてはいけないことを知っておくことは、無駄毛の処理を適切におこないたいと考えている人にとって大切なことです。気にせず実施してしまうことによって、無駄毛を処理した後の肌や体調に大きな影響を与えてしまう可能性が高くなります。

納得できる処理をおこなうためには、絶対にやってはいけないことや、なるべく避けたほうがいいことを守ってから施術を受けてください。まず第一に施術を受ける前に日焼けやタトゥーなどは施術をおこなうときに肌への負担が非常に大きくなるため、絶対に避けましょう。

肌への負担を低減させるためには日焼けやタトゥーだけではなく、サプリメントなどを飲むことも絶対に避けてください。特に持病がある場合には施術を受ける前に、必ず持病の薬を飲んでいいのかについては質問をして、納得できる形で施術を受けましょう。

サプリメントなども身体的な影響を受ける可能性があるため、施術を受ける前日と当日は避け、翌日から飲むようにしましょう。特に注意するべきポイントとしてあげられているのは飲酒で、前日だけではなく、翌日も禁止されているため、施術前に絶対飲まないで下さい。

なぜしてはいけないことがたくさんあるのか

無駄毛の処理をおこなうだけなのに、どうしてこんなにしてはいけないことがたくさんあるのか、わからないという人は多いでしょう。しかし、実は身体的な影響を大きく受ける可能性が高いため、肌への負担を避けるために絶対にやってはいけないといいます。

特に日焼けやタトゥーの場合、施術をおこなうレーザーや光がタトゥーや日焼けに反応してしまい、適切に無駄毛の毛根に作用しない可能性が高いです。また、サプリメントや持病の薬は、体内の血液の流れに作用をもたらし、光やレーザーに過敏に反応をする可能性が懸念されています。

それでは、脱毛前日・当日の飲酒についてはなぜいけないのかというと、アルコールが肌に大きな影響をもたらす可能性が高いからです。アルコールは少量であってもさまざまな影響をもたらす可能性が高く、更に身体に残る時間が長いといわれている物質といいます。

肌に悪影響をもたらす可能性が高いといわれていることや、アルコールによって肌が過敏となることも懸念されているからです。個人差があるため、お酒が残りやすい人、残りにくい人は存在していますが、なるべく飲んで48時間程度は施術を避けたほうがいいといわれています。

実際に肌にどんな影響をもたらすのか

飲酒してから肌の状態が通常と異なることは知られている通りですが、一般的には肌が過敏となり施術後に赤みや痒みを引き起こしやすいです。特に毛穴が赤く熱を持ってしまう上体で飲むと、かゆくなったり毛穴がはれ上がってしまう可能性も高いため、絶対に避けましょう。

また、知られていないことですが、痒みだけではなく乾燥しやすくなっているため、赤みや腫れ等が引いた後、その部分が色素沈着を起こしてしまう可能性があります。色素沈着を起こすと回復させるためにまたレーザー治療などを受けなければならないため、ストレスや肌への影響を懸念する人も多いです。

特に乾燥しているときに肌荒れを起こすと、肌が荒れやすく跡が残りやすいという人も多いため、絶対に避けてください。ひどい場合には毛根への影響が全く感じられなくなってしまう場合もあるため、毛根に与えた施術が全部無駄となることも懸念されています。

飲酒運転などのように12時間たてばいいというものではなく、脱毛前1日、脱毛後1週間くらいお酒を飲むことは避けたほうがいいです。

 

吉祥寺などを始め、全国の脱毛サロンで共通して禁止されていることとして、タトゥーや日焼けだけではなく、飲酒などが挙げられています。肌に影響をもたらし、腫れや赤みだけではなく、色素沈着なども懸念されているため、絶対に避けたほうがいいでしょう。特に飲酒については、肌に負担をかける可能性が最も高いものとして懸念されているため、必ず施術を受ける前1日、受け手から1週間程度は飲むのを避けてください。

肌に負担をかけずにきれいに無駄毛の処理をおこなうことで、生涯無駄毛のことを気にせず美しくいられるようにすることが望ましいといわれています。