口コミで話題!吉祥寺で評判の全身脱毛サロンはココ!

家庭用とサロンの脱毛機器、効果の違いは?

    

家庭用とサロン用の脱毛機器は、フラッシュライトの照射範囲や出力が異なります。

一般的に、家庭用の製品は、出力が弱めに設計されているものが多く、一定の効果を得るには、サロン用の製品と比べて同じ部位に繰り返して照射をする必要があります。

 

 

 

家庭用の製品は効果が出るまでに時間が掛かる

家庭用の脱毛機器は、フラッシュライトの出力が弱めに設定されており、十分な効果を得るために、同じ部位に繰り返して照射することが大切です。

最近では、コンパクトなサイズの家庭用の製品が大手の美容機器を扱うメーカーなどから発売されており、それほどムダ毛の量が多くない人であれば、サロンに通わずに好きな時間にケアをすることができます。

また、家庭用の製品の効果の現れ方については、一般の消費者にとって理解をすることが難しいため、購入前に発売元の製品カタログやホームページなどをチェックして、なるべく長く使いやすいものを探すことがおすすめです。

なお、効果を長続きさせるためには、できるだけ出力の強いものや、術後の肌荒れのリスクの低いものを選ぶと良いでしょう。

サロン用の製品は短期間で広範囲のムダ毛処理が可能

サロン用の脱毛機器は、家庭用の製品と比べて出力が大きく、照射範囲が広いため、短期間で広範囲のムダ毛処理をしやすいという特徴があります。

特に、大手のサロンに導入されている製品は、導入コストが高額なものが目立ちますが、出力を自由に調節できる機能が付いており、肌質やムダ毛の本数、パーツなどに応じて、無理なく施術をすることが可能です。

最近では、肌が乾燥しやすい人や、体調によって肌質が変化しやすい人でも安心して施術を受けられるサロン用の製品も多くあり、セルフケアよりも高い効果を期待できます。

また、サロン用の製品の安全性については、それぞれの製品の発売元の技術力に大きく左右されますが、国内のメーカーから発売されている製品の大半は、副作用や後遺症などが起こりにくい設計となっています。

なお、サロン用の製品は、医療用レーザーとは異なり、毛乳頭や毛母細胞などにダメージを与えることができないため、術中の痛みが少なくダウンタイムが短いというメリットもあります。

美容外科医が監修した業務用の製品も普及し始めている

美容外科医が監修した業務用の脱毛機器は、全国のサロンや一般家庭に普及し始めており、今や数万円から百万円程度まで様々な価格帯の製品が出回っています。

特に、初心者も無理なく操作することができ、少ない回数で効果が実感できる製品については、大手のサロンを中心にニーズが高まっています。

また、美容器具の販売をメインに行っている通販サイトでは、一般家庭を対象とした製品の取り扱いを強化しているところもあり、サロンに通う時間を割くことができない人でも、気軽にムダ毛のケアができる環境が整いつつあります。

なお、ムダ毛処理の効果の良し悪しを重視して製品選びをしたい場合には、実際に各製品を愛用している人の体験談を参考にしたり、各店舗の担当者にメールや電話で質問したりすることがおすすめです。

まとめ

家庭用の脱毛機器は、サロン用の製品と比べて効果が出るまでに時間が掛かったり、一度にケアができる範囲が限られたりすることがありますが、手ごろな価格で購入できるものが少なくありません。

一方、サロン用の製品は、ある程度の導入コストが掛かるものの、全身の様々なパーツのケアに対応でき、一人ひとりの肌質に応じて出力や照射範囲を調節しやすいといったメリットがあります。

また、効果の現れ方は、それぞれの製品の性能だけでなく、ムダ毛の生え方や肌質、パーツなどにも左右されるため、購入前に長く使えるものを見極めることが重要です。

最近では、美容外科医が監修をした製品も全国的に広まっており、効果の高さだけでなく、安全性やコストパフォーマンスなどの点でも注目が集まっています。