口コミで話題!吉祥寺で評判の全身脱毛サロンはココ!

ブツブツや黒ずみと脱毛の関係について

    

脱毛とぶつぶつや黒ずみの関係

 

住みたい街ランキングで常に上位に入っている吉祥寺ですが、都心からのアクセスがよいこともあり、連日多くの人で賑わっているエリアです。
もちろん脱毛サロンも複数存在しているのですが、よく肌にブツブツができたけれど、脱毛することができるのか、肌が黒ずんでいる部分にも脱毛はできるのかといった書き込みを見かけることがあります。
脱毛をしたらブツブツができた、黒ずんでいる部部分は脱毛ができないなどという書き込みもありますが、実際はどうなのでしょうか。

 

ブツブツと脱毛

脱毛をしたらブツブツができたという経験をした人もいるでしょうが、おそらくはサロンで行ったのではなく、自分でカミソリなどを使って脱毛をしたのでしょう。
ブツブツにもいろいろな種類があるのですが、脱毛をしたときにできるのは、強い刺激を受けたときにできるものです。
例えば肌がかゆくなったからと言って、強めに掻いてしまうとじんましんのような湿疹ができることがよくあります。
これも強い刺激を加えたからできたものだと言えます。

 

しばらくすれば自然に無くなってしまうので問題はありませんが、確実に肌へ悪い影響を与えています。
脱毛を行った場合には、赤くなる場合もあるのですが、鳥肌のようになってしまうこともよくあります。
これも原因は全く一緒です。
鳥肌のようになってしまうブツブツを埋没毛と呼んでいるのですが、埋没毛は脱毛した直後というよりも、少し時間が経過してから発生する場合があります。
なぜなら刈り取った毛が外部に出られず、内部で成長して盛り上がるからです。

サロンでの脱毛では、このような埋没毛になることは滅多にありませんが、皮膚に強い刺激を受けたことで赤くじんましんのような湿疹ができることは、サロンでの施術であってもその可能性はあります。
吉祥寺の主なサロンでは、このようなブツブツができないように、しっかりと冷却処置などを行っていますが、皮膚が弱い人は出てしまうことがあると説明がある場合もあります。
事前に説明があればまだよいのですが、説明がないのにこのような状態になると、当然不安がってしまう人もいるでしょう。

 

黒ずみと脱毛

黒ずみの原因というのは色素沈着にあります。
人間の肌というのは、強い刺激を受けるとメラニンという物質が生成されます。
特に皮膚が薄くて風通しの悪い部分は、色素沈着が起こりやすいと言えるでしょう。
主にデリケートゾーンや脇の下などです。
もちろん病気ではなく、肌を守るために発生する現象なのですが、よく黒ずみが酷い部分は脱毛ができないと言われることがあります。
なぜならサロンで行う脱毛方法は、フラッシュ脱毛と言って光の力を用いているのは知っているかと思います。

 

これは吉祥寺のサロンでも同じです。
フラッシュ脱毛は色素沈着して黒くなっている部分にも反応してしまい、肌にダメージを与えてしまいます。
そのため、黒ずみが酷い部分は脱毛できないと言われているのですが、照射レベルを細かくコントロールできる機械であれば、黒ずみが酷い部分であっても脱毛が可能です。
吉祥寺のサロンでも、このような高性能な機械を導入しているところがあるので、インターネットで調べてみてはいかがでしょうか。

 

では、サロンで脱毛を行ったことが原因で、黒ずみが発生してしまうことはないのでしょうか。
大半のサロンでは、きちんとした肌ケアを行ってくれますし、脱毛で受けたダメージを最小限に留めるような処置も行ってくれるので、一般的なサロンであればまずないと思ってよいでしょう。
しかし、技術力や知識に欠けるサロンの場合には、黒ずみが発生してしまう可能性もあります。
吉祥寺のサロンではまずないでしょうが、念のために情報収集はしっかりとしておきましょう。

 

 

ランキングはこちら